秋川雅史 / 千の風になって

千風

千風って言いますと、

Do not stand at my grave and weep(私のお墓で佇み泣かないで)を元にした、
『千の風になって』(新井 満の詩)
『千の風』(塩谷靖子の訳)
『千の風になって』(歌:秋川雅史 作詞:不詳 日本語詞・作曲:新井満 編曲:EDISON)が該当します。

Do not stand at my grave and weepは、作者不明で、最も有力な情報として、メアリー・フライ(アメリカ合衆国の主婦)が書いた詩とする説が有力です。

『千の風になって』は、小説家の新井満が日本語の訳詩(歌詞)と作曲を努め生まれた楽曲です。
第3行目 "I am a thousand winds that blow"(私は、千の風です)からとられています。

2004年には『千の風になって』の劇場映画も製作された。(新井満も参加)

2006年に秋川雅史バージョンの『千の風になって』が発表され、NHK紅白出場により『千の風になって』が一般意思られるようになった。