秋川雅史 / 千の風になって

千風の直訳

世界中に知られるようになった『千の風になって』
Do not stand at my grave and weep(私の墓の前にたってなかないで)
を英文を直訳してみました。

少し『千の風になって』『千の風』の歌詞とは違います。

私の墓の前にたってなかないで
私はそこにいません、私は眠ってなんかいません
私は千の風の中で吹いています
私はやわらかい落ちている雪です
私は穏やかな降り注ぐ雨です
私は穀物を熟成させるフィールドです
私は朝沈黙でいます
私は上品なあわただしさにいます
飛行の周りを回ることでの美しい鳥の、私は夜の星明かりです
私は花が咲く花でいます
私は静かな部屋にいます
私は歌う鳥でいます
私は各々美しい物質の中にいます
私の墓と泣き声のところに立っていないでください
私がそこにいません、私は死にません

語学力が無いところは、ご勘弁を・・

日本名、『千の風になって』は、3行目の『私は千の風の中で吹いています』から取られています。
『千の風になって』の元本は題名の無い詩で、1行目が題名として言われています。